三重県で点滴療法、がん免疫細胞療法についてをお探しなら三重県桑名市の内科『桑員クリニック』へ。

点滴療法について

Contents Menu

コラム
  • 「ノニ」医師である私の命を救ってくれた植物
  • 人にやさしい医療をもとめて
  • これでいいのか日本の医療
  • 糖尿病はこわくないの販売をしています。

ご注文はこちらから

点滴療法について

がん治療に有効な点滴療法について

当院では下記のような点滴療法を行っています。

α-リポ酸

点滴療法はもちろんのことサプリメントとして代謝を非常に高め、創傷治癒能力が高く、免疫力を強く増強します。抗癌効果も十分にあり、特に膵臓癌にも有効です

その他、自己免疫疾患、その他の難病にもかなり有効です。特に、還元力はビタミンCの400倍にものぼる作用があります。

超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC点滴療法

最先端抗癌治療として行っています。


●効果は?
ビタミンCは体内に入るとがん細胞においても正常細胞においても過酸化水素(オキシドール)を発生します。正常細胞は過酸化水素を分解する酵素(カタラーゼ)をもっているため全く変化はありません。
ところが、がん細胞は過酸化水素を分解する酵素(カタラーゼ)を持たないため、これによって死に至ります。
この作用により抗癌効果をあらわします。

超高濃度ビタミンC点滴療法

●副作用のない超高濃度ビタミンC点滴療法
ビタミンCは正常な細胞を痛めない性質があるので副作用の心配はほとんどありません。
現在、がん手術後の再発防止、がんの新たな補助療法として、米国・国立がん研究所(NCI)、
米国・国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている、最先端のがん治療になります。

マイヤーズカクテル

当院で行っているマイヤーズカクテルは主に癌患者さんで、特にカルシウム、マグネシウム、酵素、補酵素の欠乏のために免疫力低下をきたして全身状態が不良になってきている方に使用します。

短期間で改善される方が多いです。

マイヤーズカクテル

ナルトレキソン療法

当院では、がん治療に有効とされるナルトレキソン療法も行っております。
癌だけでなく、膠原病、線維筋痛症、多発性硬化症、クローン病、パーキンソン病、アルツハイマー病、慢性間接リウマチなど様々な病態に有効とされています。

また、従来のがん治療や超高濃度ビタミンC点滴療法と併用して治療も行えます。

キレーション療法

キレーション療法とは、体内から有害なミネラルや老廃物を取り除く方法で、
血管内にキレート剤を点滴して行います。

下記病状で悩んでいる方はご相談下さい。
狭心症、冠動脈硬化症、血栓性静脈炎、鉛毒、その他の重金属中毒、強皮症、硬皮症、
脳変性疾患、糖尿病による壊疸、動脈硬化症等々

グルタチオン点滴療法

パーキンソン病の治療として行っています。
有効性はかなり高いです。

パーキンソン病では、その原因となるドーパミンの不足を薬で補う治療法が一般的ですが、これを行うと一時的には効果があるようにみられますが、薬の量がどんどん増えて、かえって病気の進行をはやめ、薬が効かなくなってくるという問題があります。

グルタチオン点滴療法

グルタチオンは強い抗酸化作用を備えているため、脳内の活性酸素を除去したり、脳細胞が損傷されたり、働きが妨害されるのを防ぐことが出来ます。
また、神経細胞がドーパミンを感じる能力が高まり、脳からの指令が円滑に各組織に伝わるため、 行動力、運動能力の改善が認められます。

参考文献 「グルタチオン点滴でパーキンソン病を治す」 柳澤厚生 著

PAGE TOP