三重県で点滴療法、がん免疫細胞療法についてをお探しなら三重県桑名市の内科『桑員クリニック』へ。

活性NK細胞治療

Contents Menu

コラム
  • 「ノニ」医師である私の命を救ってくれた植物
  • 人にやさしい医療をもとめて
  • これでいいのか日本の医療
  • 糖尿病はこわくないの販売をしています。

ご注文はこちらから

活性NK細胞治療

治療がお勧めの方

膀胱がん、乳がん、結腸・直腸がん、卵巣がん、子宮がん、膵臓がん、肝臓がん、 前立腺がん、肺がん、腎細胞がん、咽喉がん、リンパ球性白血病、悪性黒色腫、多発性骨髄腫、カルチノイドなどでお悩みの方
当院では人間の持つ自然治癒力を引き出すような治療を心がけています。

活性NK細胞治療とは

がん治療によって弱ってしまった自分のNK細胞を採血し、それを培養・活性化させたものを再び体内へ戻すことにより、がん細胞を殺傷していく免疫療法です。攻撃能力に優れ、がん細胞に対しての殺傷性が高いNK細胞を利用したこの療法はがんに対して非常に効果も高く、QOLの維持という点でも非常に優秀ながん治療法といえます。

活性NK細胞治療の特徴

がん細胞に対しての殺傷能力が非常に高く、自分の免疫を使用して行う療法なので副作用が少ない抗原抗体反応が無いのでどんながん細胞にも攻撃が出来る

副作用・注意点について

自己の免疫細胞を培養・活性化して再び身体に戻す療法ですので、副作用はありません。点滴後にまれに一時的な熱感がみられる場合がありますが、時間とともに解熱致します。

治療方法

患者さんから血液を40ccほど採取し、科学的な培養技術で刺激・活性化を行い、約2週間無菌状態で約10~30億個のNK細胞に増殖させます。そのNK細胞を生理食塩水に溶かし、再び静脈から患者さんの体内へ戻します。1回に投与する量は患者さんの状況により異なります。

費用について

240,000円(税別)
PAGE TOP