三重県で点滴療法、がん免疫細胞療法についてをお探しなら三重県桑名市の内科『桑員クリニック』へ。

ナルトレキソン

Contents Menu

コラム
  • 「ノニ」医師である私の命を救ってくれた植物
  • 人にやさしい医療をもとめて
  • これでいいのか日本の医療
  • 糖尿病はこわくないの販売をしています。

ご注文はこちらから

ナルトレキソン

治療がお勧めの方

膀胱がん、乳がん、卵巣がん、子宮がん、肝臓がん、結腸・直腸がん 腎細胞がん、咽頭がん、前立腺がん、肺がん(非小細胞がん) 悪性黒色腫、多発性骨髄腫、カルチノイド、リンパ球性白血病(慢性)などでお悩みの方
当院では人間の持つ自然治癒力を引き出すような治療を心がけています。

ナルトレキソンとは

私たちの身体に本来備わっている内因性オピオイドとオピオイド受容体の産生を増大させることで、自己免疫力や抗がん作用を増強させ、がんや自己免疫疾患などを治療します。

ナルトレキソンの特徴

1日1カプセルの服用による治療 腫瘍増殖抑制し、免疫力を上げる 低用量ナルトレキソン(LDN)療法によるがん治療は、高濃度ビタミンC点滴療法やアルファリポ酸点滴療法との併用により相乗効果が期待できる

副作用・注意点について

服用初期では、約1週間くらい眠りが浅くなると言われるケースが稀にありますが、それ以降は、特に問題はありません。

治療方法

・1日1回、基本的に就寝前 1カプセル(1.5mg、3mg、4.5mg)服用
※睡眠障害がみられた場合は、朝の服用に変更します。効果は特に変わりありません。
※カプセルの服用量は、患者さんの体重や体調を考慮して決めます。
※患者さんによっては1日おきや2日おきに服用するのが良い場合もあります。
PAGE TOP